クリスタの解像度って何?

こんにちは、毎日CLIP STUDIO(クリスタ)を使いまくっているアラサー絵描きの羽白(はじろ)です。

CLIP STUDIO(クリスタ)を使ってイラストを描く時、解像度(dpi)を設定する画面が出てくると思います。CLIP STUDIO(クリスタ)で解像度の設定をする

この解像度ってなんですの?数値はいくつに設定したらいいの?おすすめの設定は?ということについて紹介したいと思います。

イラストの解像度って何?

イラストの解像度というのは、画像を構成するドットの細かさのことで、一般的に1インチに幾つドットがあるかの設定(dpi=ドット・パー・インチ)のことをさします。

1インチの大きさは2.54㎝ですので、その中のドットが多ければ多いほど画面の構成は細かく精度が高いものとなり、逆にドットが少なくなるほど荒い画像になります。
つまり、同じサイズのキャンバスであっても、dpiの数値が大きい方が制度が高い設定であり、dpiの数値が小さい方が荒い設定ということになります。

解像度っていくつに設定したらいいの?

イラストを描く際の解像度の設定として、考えるのは「描いたイラストを印刷するか否か」という点です。

何故かというと、この解像度(dpi)の設定は、ウェブ画面上で見る分にはいくつに設定しても大差ないものである一方で、印刷の時は必要な数値以上の解像度で作成する必要があるためです。

そのため、もしウェブでアップロードすることだけが目的の場合は、解像度の高さは関係ありません。
解像度を高くするとその分ファイルサイズが大きくなり重くなるので、72-144dpi程度に設定すればいいかと思います。

印刷の場合は、綺麗に印刷するために、主にカラー印刷の場合は300-350dpi、グレースケール印刷の場合は350-600dpi、モノクロ印刷の場合は600dpi-1200dpi程度の解像度に設定することが推奨されていることが多いです。印刷時のおすすめの解像度設定

描いたイラストを印刷して楽しみたい、同人誌などを作りたいという目的の場合は、初期設定の際に解像度の数値に気を付けましょう。

まとめ

イラストを描く際のdpiについて紹介しました。

主に印刷時に必要となる設定ですので、カラーなのかモノクロなのか等に合わせて変更するようにしましょう。

おすすめの記事